地方公務員災害補償基金は、公務上の災害又は通勤による災害を受けた地方公共団体等の職員に対し、地方公務員災害補償法に定める補償を実施し、並びに職員の社会復帰の促進、職員及びその遺族の援護、公務上の災害防止に関する活動に対する援助その他の職員及びその遺族の福祉に必要な事業を行う地方共同法人です。

基金に対する公務災害、通勤災害の認定請求や補償の請求等に当たり、ご不明な点がある場合は、基金各支部又は基金本部へご相談下さい。

【お知らせ】現在、調達情報等を掲載しています。

スライダー画像1 スライダー画像2

富士山と茶畑


 桜が終わると、新茶の時期がやってきます。歌にもある八十八夜は、立春から数えて88日目のことで、この頃から霜が降りなくなり、種まきや茶摘みの目安とされてきたそうで、今年は5月2日ということです。
 静岡県には、地域ごとにいくつもの産地があり、それぞれ特徴のあるお茶が生産されています。
また、2013年には「静岡の茶草場農法」が世界農業遺産に認定され、高品質なお茶の生産のみならず、豊かな生物多様性の保全にもつながっている伝統農法が世界的に評価を受けています。