地方公務員災害補償基金は、公務上の災害又は通勤による災害を受けた地方公共団体等の職員に対し、地方公務員災害補償法に定める補償を実施し、並びに職員の社会復帰の促進、職員及びその遺族の援護、公務上の災害防止に関する活動に対する援助その他の職員及びその遺族の福祉に必要な事業を行う地方共同法人です。

基金に対する公務災害、通勤災害の認定請求や補償の請求等に当たり、ご不明な点がある場合は、基金各支部又は基金本部へご相談下さい。

スライダー画像1 スライダー画像2

シナノキンバイ咲く千畳敷、南アルプスと千畳敷カールを望む(長野県支部)


 制定50周年を迎えた県歌「信濃の国」では、「聳ゆる山はいや高く 流るる川はいや遠し」と歌われ、山と川の風景は、県内のほとんどの地域で見ることができます。
 日本アルプスと呼ばれる3つの山脈はその代表格です。その中で、唯一「県立」自然公園であった中央アルプス一帯が、今年3月、「中央アルプス国定公園」に指定されました。
 表紙の写真は、中央アルプス国定公園を代表する地形である「千畳敷カール」で、中央アルプスのほぼ中央にある氷河地形です。人里から眺めることができるカール地形という点でも珍しいものですが、標高2611.5メートルの高地までロープウェイでアクセスすることができ、登山者でなくとも、気軽に自然探勝を楽しむことができる点も魅力です。
 裏表紙の写真は、千畳敷カールから眺めることのできる伊那谷や南アルプスの風景です。
 国定公園指定を契機に、希少な自然環境の保護に配慮しつつ、より魅力を高め、公園の適正な利用の推進を図るよう、取り組みが進められています。