地方公務員災害補償基金は、公務上の災害又は通勤による災害を受けた地方公共団体等の職員に対し、地方公務員災害補償法に定める補償を実施し、並びに職員の社会復帰の促進、職員及びその遺族の援護、公務上の災害防止に関する活動に対する援助その他の職員及びその遺族の福祉に必要な事業を行う地方共同法人です。

基金に対する公務災害、通勤災害の認定請求や補償の請求等に当たり、ご不明な点がある場合は、基金各支部又は基金本部へご相談下さい。

スライダー画像1 スライダー画像2

道庁赤レンガ、積丹半島の夜明け(北海道支部)


 北海道庁旧庁舎の写真です。明治21年に建築され、ドームを載せたアメリカンネオバロック様式のれんが造りの北海道庁旧本庁舎は、「赤れんが庁舎」と呼ばれ、前庭では様々な花や木が植えられており、四季を感じる美しい風景が眺められることから、市民や観光客の皆様の憩いの場となっています。昭和44年には北海道開拓のシンボルとして国の重要文化財に指定されています。
 裏表紙の写真は、北海道の西側に位置する積丹(しゃこたん)半島の夜明けです。夏の海は「積丹ブルー」と呼ばれ、コバルトブルーやエメラルドグリーンの鮮やかな色が印象的です。例年多くの観光客が訪れ、ダイビングやシーカヤックなどのレジャーを楽しんでいます。真っ赤な朝焼けが一日の始まりを告げます。