地方公務員災害補償基金は、公務上の災害又は通勤による災害を受けた地方公共団体等の職員に対し、地方公務員災害補償法に定める補償を実施し、並びに職員の社会復帰の促進、職員及びその遺族の援護、公務上の災害防止に関する活動に対する援助その他の職員及びその遺族の福祉に必要な事業を行う地方共同法人です。

基金に対する公務災害、通勤災害の認定請求や補償の請求等に当たり、ご不明な点がある場合は、基金各支部又は基金本部へご相談下さい。

スライダー画像1 スライダー画像2

三方五湖、一乗谷朝倉氏遺跡(福井県支部)


 表紙は、若狭湾国定公園を代表する景勝地の「三方五湖」の写真です。国際的にも重要な湿地として平成17年にラムサール条約に登録されました。三方湖・水月湖・菅湖・日向湖・久々子湖からなり、それぞれ水質、水深が異なり、水の色が四季折々、五彩の変化を見せてくれます。
 レインボーライン(三方五湖有料道路)の山頂公園からは若狭湾や三方五湖を一望することができます。
 裏表紙の写真は、日本最大の戦国城下町跡である「一乗谷朝倉氏遺跡」です。戦国大名・朝倉氏が5代103年間にわたり越前の国を支配した城下町として、最盛期には人口1万人を超えたと言われています。後に、朝倉氏は織田信長に敗北し、城下町は歴史の幕を閉じましたが、当時の武家屋敷・町家・道路に至るまで町並みがほぼ完全な姿で発掘されており、令和元年には日本遺産に認定されています。